お知らせ

一覧にもどる

伊豆草木染め着物展示「継ぐもの」

界 伊東の客室を彩る「花暦スクリーン」を手掛ける染織家 石丸みどり氏の作品を期間限定で展示しています。
石丸氏の草木染めは、一本の糸を紡ぐことから始まり、その糸を、伊豆の植物の葉、枝などを使い、かまどでゆっくり染めていきます。同じ植物でも、季節、その日の天気などによって、微妙な色の違いを生み出します。染め上がった糸を機織り機にかけ、一本一本丁寧に織り込んでいきます。
今回の展示のテーマは「継ぐもの」。七五三のお祝いに親子で着用する着物をご覧いただけます。

■石丸氏のギャラリーにかける想い
昔から脈々と受け継がれたもの、これから先も受け継がれるもの、そして、新たに生まれ受け継がれていくもの。
そんな事を踏まえギャラリーの展示を考えました。
子供の健やかなる成長を祝う七五三は、昔から今まで、これからも続いていく大切なお祝いごと、だと思います。
伊豆の植物で染めた糸で、手織りされた着物を展示する事で、伊豆の旅の思い出のかけらとして残ることを願っています。

伊豆草木染め着物展示「継ぐもの」
期間2021年10月1日(金)〜11月30日(火)
対象年齢
どなたでも
開催言語
日本語

一覧にもどる

© Hoshino Resorts Inc.