お知らせ

一覧にもどる

手業のひととき「社寺の修復に携わる伝統工芸士と日光彩色体験」

界では地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方々と連携したご当地文化体験「手業のひととき」を実施しています。界 日光では、日光東照宮などの歴史的建造物を修復している伝統工芸士による岩絵の具を使った絵付け体験を開催します。


■「手業のひととき」とは

地域の文化を継承する職人や作家、生産者の方の希少な技を間近で見たり、一緒に行うことができるご当地文化体験です。旅先で地域の方の営みに触れると新鮮な気持ちになったり、心が豊かになる。そんな「ひととき」を全国の界でご用意しています。



■社寺の修復に携わる伝統工芸士と日光彩色体験

日光東照宮をはじめとする歴史的建造物の修理に携わってきた女性の伝統工芸士、伊原 実穂氏の指導のもと、日光の社寺に実際に使われている岩絵の具などの貴重な材料を使って工芸品づくりを行います。体験をしながら社寺を彩る極彩色の意味合いや社寺の装飾に施された動物のモチーフに込められた先人の想いなどの解説を聞くことができ、その後、社寺をめぐると今までと異なる視点で参拝することができます。また、貴重な文化財を守り、後世に引き継いでいく伝統工芸士や修復士という仕事を知る面白さもあります。


■栃木県指定伝統工芸士 伊原実穂氏

伝統工芸を家業とする家で育ち、幼少期より現在の技術の基盤ともなる絵画教育を重点的に受ける。「漆の神様」と呼ばれる重要無形文化財・故 松田 権六氏が設立に携わった研修施設にて漆の基礎から国宝の修復技術について幅広く学び、現在まで数多くの文化財修理に携わる。女性として異例の責任者を果たし、2018年には国の重要文化財である日光山輪王寺大猷院二天門、及び二天像や栃木県の指定文化財などの修理も完了している。

手業のひととき「社寺の修復に携わる伝統工芸士と日光彩色体験」
期間2021年4月1日(木)〜2022年2月28日(月)
開催時間

宿泊翌日10:00AM~12:00PM

所要時間

*作品によって2時間以上、お時間を要する場合もございます。体験後、ご予定がある方は体験前に講師へお知らせください。

対象年齢
どなたでも
含まれる内容

伝統工芸士による岩絵の具を使った絵付け体験

料金

1名 3,850円~(宿泊費別)
*作成する作品により異なります。
平彩色 3,850円 絵の具で縦10cm×横15cmの長方形の木版に色付けを行います。
生彩色 8,800円 文化財と同様の金箔を使用した縦10cm×横15cmの長方形の木版に色付けを行います。
彫刻作品 55,000円 高さ6cm×幅5cm×奥行き7cmの立体的な彫刻に色付けを行います。
*彫刻作品は特注品のため、数に限りがございます。彫刻作品をご希望の場合は事前にご相談くださいませ。

定員

1日2組(1組あたり1~6名)最大8名まで *1名より実施

スケジュール

1日目

3:00PM:チェックイン
伊原氏が制作した工芸品が飾られた客室へ
4:00PM:温泉入浴
5:30PM:旬の食材を使った会席料理を味わう
9:00PM:ご当地楽「日光下駄談義」
日光の歴史と伝統工芸「日光下駄」を知る


2日目

8:00AM:朝食
10:00AM:手業のひととき
社寺の修復に携わる伝統工芸士と日光彩色体験
12:00PM:チェックアウト
12:30PM:ご自身で日光東照宮などの社寺を参拝

開催言語
日本語
申し込み期限

4日前までにお申し込みください。

注意事項

*事前に宿泊予約(プラン予約)が必要です。

このアクティビティに申し込む予約確認ページにログインが必要です

一覧にもどる

© Hoshino Resorts Inc.