ご当地サポーター
【2024年版】大分県由布院・別府エリアのおすすめ桜スポット

大分県の中央に位置する「由布院」とその隣の「別府」は、どちらも有名な温泉地です。由布院のある由布市は北に由布岳、南西に黒岳と、1,000m級の山々が連なる大自然に恵まれた土地で、のどかな田園風景が魅力。一方の別府は日本トップクラスの源泉数と湧出量を誇り、街のあちらこちらで白い湯けむりが立ち昇っています。そんな温泉地へ桜シーズンに出かけてみてはいかがでしょうか。本記事では、由布院と別府のおすすめ桜スポットを7ヵ所ご紹介します。お花見と温泉、どちらもお楽しみください。

桜とチューリップが咲き誇る、絵に描いたような美景

春の息吹を目一杯感じられる、定番のお花見スポット
春の息吹を目一杯感じられる、定番のお花見スポット

別府市の中心地に位置する総合公園。広々として開放的で、四季折々のイベントや遠足などの学校行事で使われるなど、市民の憩いの場として親しまれている場所です。毎年春には約100本の桜が咲き乱れます。どの木も大木のためボリュームがあり、さらにまとまって植えられているため、一層華やか。お弁当を持って桜の木の下でのお花見が楽しめます。
また、桜と同時期にチューリップやツツジも咲き誇り、園内はとてもカラフル。ウォーキングコースも整備されているので、ウォーキングしながらのお花見もおすすめです。

【桜見頃】例年3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ

別府公園

満開の桜色に染まる、ノスタルジックな遊園地

観覧車などのアトラクションに乗りながら園内の桜を愛でることも
観覧車などのアトラクションに乗りながら園内の桜を愛でることも

1929年(昭和4年)創業の、九州最古の遊園地。メインゲートから山の傾斜をケーブルカーで登って入園すると、日本で唯一の二重式観覧車「フラワーかんらん車」が迎えてくれます。他にもメリーゴーランドやジェットコースターなど13種類のレトロなアトラクションや、動物との触れ合い、ラクテンチ名物「あひるの競走」など、お楽しみが満載です。
桜の名所としても有名で、園内には約3,000本もの桜が咲き誇ります。全長約150mの大吊り橋もあり、美しい別府湾と同時に、ピンク色に染まる園内を一望できます。例年3月中旬から4月上旬には「桜まつり」を開催。満開の時期には夜間営業も実施し、ライトアップされた夜桜や煌びやかな別府の夜景も観賞できます。なお園内には、入園者は無料で利用できる温泉「絶景の湯」もあるので、お花見後に湯浴みも楽しめます。

【桜見頃】例年3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ

別府 ラクテンチ
  • URLhttp://www.rakutenchi.jp/
  • 住所大分県別府市流川通り18 MAP
  • アクセスJR別府駅から車で約6分
  • バスアクセスJR別府駅からバス乗車、「流川通り12丁目」下車徒歩約10分
  • 営業時間9:30~17:00 ※季節・天候等により変更する場合あり
  • 定休日火曜 ※冬期休業あり
  • 入場料メインゲート 大人(中学生以上)1,300円、小人(3才以上)600円
    乙原ゲート 大人(中学生以上)1,100円、小人(3才以上)500円
  • TEL0977-85-8888
  • 駐車場有(有料)

桜と湯けむりの共演は春の別府ならではのお楽しみ

鶴見岳や扇山を背景に、桜と湯けむりがコラボする
鶴見岳や扇山を背景に、桜と湯けむりがコラボする

別府温泉郷の一つ「鉄輪(かんなわ)温泉」は、もくもくと立ち上がる湯けむりで有名です。鉄輪温泉の住宅街に続く坂の途中にあるのが「湯けむり展望台」。展望台からは温泉街の湯けむりをはじめ、その奥にそびえ立つ鶴見岳や大平山(扇山)などの山々が一望できます。その景色はNHKが2001年に全国から一般公募した「21世紀に残したい日本の風景」で富士山に次いで全国2位に選ばれました。週末には湯けむりがライトアップされ、温かな灯りで彩られた町並みは幻想的な美しさです。
坂の道沿いには桜並木が整備されており、春になると桜のトンネルをくぐって展望台へ。桜と湯けむりという珍しい組み合わせの絶景を見ることができます。

【桜見頃】4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ

湯けむり展望台
  • URLhttps://beppu-tourism.com/spot/yukemuri-tenbodai/
  • 住所大分県別府市鉄輪東8 MAP
  • アクセスJR別府駅から車で約16分
  • バスアクセスJR別府駅からバス乗車、「鉄輪」下車徒歩約17分
  • 営業時間8:00~21:00 ※湯けむりライトアップ:土・日・祝日(19:00~21:00)
  • TEL0977-21-1128(別府市観光課)
  • 駐車場無料

お花見ドライブに最適。半世紀かけて広がった桜の絨毯

桜の合間から眺める穏やかな別府湾
桜の合間から眺める穏やかな別府湾

扇を逆さに広げたような形から通称「扇山」と呼ばれる大平山。毎年4月上旬には別府の春の風物詩である「扇山火まつり」が行われ、山肌が炎に包まれます。その山の中腹にあるのが「扇山さくらの園」。もともと原野だった場所に1970年代から桜の木を植え続け、およそ50年の歳月を経て、約6,000本の桜の木が集まる場所になりました。
標高約400mに位置し、桜越しに別府湾と別府市街地を一望できます。園内をトレッキングしながら春の景色を楽しむも良し、お花見ドライブを楽しむも良し。早朝に訪れれば、桜と海、朝日が織りなす絶景を独り占めできるかもしれません。

【桜見頃】例年4月上旬~4月下旬
【桜の種類】ソメイヨシノ、サトザクラ 他

扇山さくらの園
  • 住所大分県別府市大字鶴見字大平4550-3 MAP
  • アクセスJR別府駅から車で約16分
  • TEL0977-21-1111(別府市役所農林水産課)
  • 駐車場無し ※県道に駐車帯あり

空中散歩をしながら春だけの絶景を堪能

標高差があるため、見頃の時期が長いのも魅力 ©︎別府ロープウェイ
標高差があるため、見頃の時期が長いのも魅力 ©︎別府ロープウェイ

大分県と熊本県にまたがる「阿蘇くじゅう国立公園」。その一部である標高1,375mの鶴見岳の山上へは、「別府ロープウェイ」を使って約10分で到達できます。山上各所からは別府市街の町並みをはじめ、別府湾やくじゅう連山など、雄大な景色を360度見渡せます。
春にはロープウェイに乗りながら鶴見岳山腹のヤマザクラを、山頂近くでは九州では珍しいとされるマメザクラを見ることができます。また、ロープウェイに乗車する「別府高原駅」横に広がる鶴見岳自然公園「四季の里」では、ソメイヨシノを中心にオオシマザクラやボタンザクラなど、約2,000本の桜が開花。ロープウェイの上から見下ろせば、濃淡あるピンク色の桜の海が広がります。

【桜見頃】例年4月上旬~4月下旬
【桜の種類】ヤマザクラ、マメザクラ、ソメイヨシノ他

©別府ロープウェイ
©別府ロープウェイ
別府ロープウェイ
  • URLhttps://www.beppu-ropeway.co.jp/
  • 住所大分県別府市大字南立石字寒原10-7 MAP
  • アクセス別府ICから車で約5分
  • バスアクセスJR別府駅からバス乗車、「別府ロープウェイ」下車すぐ
  • 営業時間夏季(3月15日~11月14日)始発9:00 上り最終便17:00 下り最終便17:30
    冬季(11月15日~3月14日)始発9:00 上り最終便16:30 下り最終便17:00
  • 定休日無休 ※悪天候・設備の整備・点検等で運休する場合あり
  • 入場料大人(中学生以上)往復1,800円 片道1,200円
    子ども(4才~小学生)往復900円 片道600円
    シニア(70才以上)往復1,700円 片道1,200円
  • TEL0977-22-2278
  • 駐車場無料

湖上からのお花見も楽しめる、別府市民の憩いの場

湖畔にお花見スポットが点在。お気に入りの場所を見つけて思い思いの時間を過ごして
湖畔にお花見スポットが点在。お気に入りの場所を見つけて思い思いの時間を過ごして

別府市街地から車を走らせ20分ほどの場所にある湖。「阿蘇くじゅう国立公園」の一部、標高約600mの高原に位置し、由布岳と鶴見岳を両方望める絶景スポットとして、古くから別府市民に愛されている場所です。
春は湖畔に桜が咲き乱れ、ゆったりとした空気が流れる中でお花見を楽しめます。ソメイヨシノだけでなくヤマザクラ、ヤエザクラなどが次々に花を咲かせ、平地より少し遅れて満開を迎えます。シートを敷いてお花見ができる他、遊歩道が整備されているので桜を愛でながらの散策にも最適。ボートに乗って湖上からお花見を楽しむこともでき、リゾート気分を味わえます。

【桜見頃】例年3月下旬~4月中旬
【桜の種類】ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ 他

志高湖(しだかこ)

春の由布院を象徴する情景に出会えるお花見スポット

空の青に桜のピンク、菜の花の黄色のコントラストがなんともフォトジェニック
空の青に桜のピンク、菜の花の黄色のコントラストがなんともフォトジェニック

由布院の町の中心を流れる大分川沿いは、絶好のお花見散歩コース。例年3月下旬から4月上旬に桜の見頃を迎え、春の由布院を象徴する景色を楽しめます。特に由布院駅から歩いて10分ほどの「御幸橋」から上流の「城橋」までの散策路「菜の花堤」がおすすめ。「豊後富士」と呼ばれる由布岳をバックに、桜並木と菜の花が華やかに彩る様は、春の由布院を訪れたなら見逃せない絶景です。
城橋からさらに上流に進めば、由布院を代表する観光スポットの一つ「金鱗湖(きんりんこ)」へも歩いていけます。桜シーズンは観光客で混み合うので、混雑を避けるには午前中早めの散策が良いでしょう。

【桜見頃】例年3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ

大分川沿いの桜並木
  • URLhttps://yufu-tic.jp/
  • アクセスJR由布院駅から徒歩約10分
  • 営業時間9:00~17:30(由布市ツーリストインフォメーションセンター)
  • TEL0977-84-2446(由布市ツーリストインフォメーションセンター)
  • 駐車場無し
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。