お知らせ

こどもたちが創り出す世界

アトリエノート

アトリエでは、子どもたちのユニークな表現がたくさん生まれています。 いろいろな素材(マテリアル)や道具、表現方法を楽しみながら、個性豊かな自分だけの表現に出会えます。

「宝物」

自分で見つけた宝物を並べていて嬉しくなってダンスをしていた彼女が一言「宝物ってね、素敵なものってことだよ。」他にも「素敵なもの」「なんだかヘンテコなもの」「ちょっとこわいもの」いろんなコレクションが出来上がっていました

「うろこにしたい」

布を張り合わせた鳥の巣をイメージしたのオブジェの模様を見て「うろこみたい!」布のパーツが魚のうろこに見えたようです。「うろこにしたい」と言って、巣の中にフェルト素材を巣の中に敷き詰めていきますした。素材同士の隙間が気になるみたいで、さらにその上に絨毯を重ね、 それでも隙間ができたところには、小さい丸型の編み物を並べました。 満足そうに彼が立ち去った後、後次に来た女の子たちがさらにアレンジを加えて楽しんでいました。

「私が思う経験」

「いろんな色を使ってみるのが、私が思う経験なの」

「龍」

ボールを持っている「龍」

「家族の顔」

遠くから見るとわからないが よく見ると 、子どもの軌跡が見えることがあります 。同じ色で大切に描いた家族みんなの表情です

「むらさきとみどりのしましま」

あなたはみどり、私はむらさき。交互に続く一本一本の線が、やがて壮大なしましま物語になりました。

「パーティーしますよ!」

一生懸命ご飯を作っていたら、「いい匂いが届いたかな?(棚にある)動物たちがこっちを見ているよ」と伝えると、ぱっと表情が明るくなって棚に駆け寄り、一緒に遊びたい動物を連れてきました。

「ギラファノコギリクワガタとヘラクレスリッキーブルーとカナブン」

「わたしの新しい巣」

羽をつけた女の子は、巣から飛び立った後、また新しい巣をつくり始めました。鳥は自由に飛んで、どこにでも巣を作ることができるそうです。

「ミミズ」

フェルトや洗濯ばさみなど様々な素材を合わせ、「ミミズ!鳥の餌になるんだよー。」

「山」

色の重なりを楽しんでいたところで「何か描きたい」と思い始めた様子。何に見える?と聞くと 「山だ」と言いながら、とんがりも追加しました。

「かげが何かに見える!」

「あ!……目がたくさんある!」宇宙人かな!?おばけかな?「違うよ、目がたくさんあるってことは、こどもたちがずらっと並んでるってことだよ。」

「おはな」

たくさん並べてある素材の中から姉妹でいろいろなものを選び、まわりに並べ、『きれいなおはなだね』。

「良い場所でしょ?」

いつもは引き出しの中でお休みしてるクジラを窓際に連れ出し「良い場所でしょ?」アトリエから見える広い海を見せてあげていました。

「次は何に変わるかな?」

問いかけや、くっつけるもので作品のタイトルが変わります。「ハム→せっけん→シャンプー→タイヤ→くるま→栗の殻→ウニ→どんぐり→カニ→エビ→りんご」

「はっぱのおうち」

切り株の隙間に粘土を詰めていました。「はっぱのおうち」「(おうちは)ここだよ」と葉っぱの下を指します。「他のところはおうちまでのみち、どうぶつもいるよ、ライオンとワニとトラがいる」

「手で描く」

絵の具を手にのせ「手がパレット!」紙の上にできた手形を見て「パレットの手!」

「動物のおうち」

「これはみんなのおうち。みんな入れるよ。ここ(隙間)から中に入れる。」 いろんな木を、倒れないように注意深くたくさん積み上げた「動物のおうち」。

「連なる『まる』」

掌に収まるぐらいの大きさの粘土を、小さく小さくちぎって丸めて、ちぎって丸めてを繰り返す。「小さなお団子はアリさん、少し大きなものはカバさん、大きめのものはゾウさんが食べる」どんどん連なって、列になっていく。

「カマキリとテントウムシ」

図鑑とにらめっこして、カマキリをつくった子がいました。そのカマキリを見た別の子が「自分も作ってみたい」と憧れ、テントウムシが生まれました。

「ジンベエザメみたい」

OHPの上に積まれた様々な自然物、穴の開いた落ち葉や流木や松ぼっくり。合わさって一つの影になったその姿には、大きなジンベエザメの模様とヒレが確かにありました。

「影は全部同じ色なんだね」

リゾナーレ大阪のアトリエは陽が沈む前、心地よい光が入ってくる場所です。子どもたちはその光や影からも新しい発見をしています。窓に貼ってあるカラータックが床に映り、近くにあるショーケースに飾ってある石にも陽が届きます。「窓に貼ってあるカラータックは色付きの影なのに、石の真下にできる影は全部同じ色!」素敵な発見を教えてもらえました。

「はな」

ボウルの上に丸いパネルを重ねたゆらゆらと揺れるお花です。すぐに崩れてしまうので 一瞬しか見られません。

「くじゃく」

指で描いた沢山の点々。「これなに?」「当ててみて。ヒントは鳥」「くじゃく?」「そう、正解!」よく見ると、指だけではなくて手のひらも使って羽根が表現されています!

「地球の色」

混ぜてじっくり色を見ているうちにお皿にも描けることに気づき、ひとつは地球の完成。どんな色かな、どんな模様かなと尋ねると、どんどん手が動いていきました。宇宙からみないとわからないかなというおばあさまに「地球の色はわかるんだよ」といい真剣に絵の具を塗っていました。

「かばん」

たくさんのマテリアルの中から、穴の空いた板を見つけた瞬間「カバンつくりたい!」と言葉が出てきました。

「元通り」

型押しで模様を楽しんだあとは、こすってきれいに元通り。

「新しいいろ」

まっすぐ線を引いたり、塗りつぶしたり、3色とじっくり向き合う。赤と黄色を順番に、何度も重ねていくうちに、新しい色。「オレンジだね」

「12月の部屋」

ソファ、テレビ、お風呂、歯ブラシ、それから…ストーブ!部屋を作って、朝起きたところから想像して、必要なものを揃えました。

「火」

はじめましての2人。アトリエ内にある小さな部屋の中で2人でごはんをつくって、水道を通して、冷蔵庫でお肉を冷やして。「木で火をつけよう」「火は外じゃないと」「まつぼっくりで火をつけるんだよ」 火を焚くのはお部屋の外で!

「水たまり」

平らになった粘土を水たまりに見立て、その上にうさぎの親子を乗せました。「うさぎさん、水たまりに入って大丈夫かな?」「からだについた泥を落として、綺麗にしてるだけだから大丈夫だよ!」

「いろをならべる、すかす、かさねる」

いろを、ならべて、すかして、かさねてみる。

「動物園」

イルカたちのいる水辺がお気に入り。クリップは飼育員。イルカショーの時だけ、高い切り株の上から餌をあげます。

「いきもののせかい」

集めた素材で自分の世界づくり。布の下にも潜らせて、「土の中にはもぐらもいるよ」 周りにいた子どもたちも気になって集まり、協力するひとときも生まれました。

「はにわ」

スタッフが本を見せると、そこに載っていたはにわをじっと見て、手を使って考えて、今にも踊りだしそうなはにわが誕生しました。

「地球と月」

絵の具の色を混ぜるのが楽しくて黄色と青を混ぜてできた色を 「地球みたい!」 と言って地球を描きました。「海はないの?」と聞くと、「まだ海がないころの地球だよ。魔法で海ができたんだよ」地球の隣には、十五夜のことを思い出して、月と夜空を。すると、月から耳が生えてきました。 頭の中では、月にうさぎがいるというより、月がうさぎだったようです。

「ツリーハウス」

ツリーブロックを高く積み上げていき、上に平らな丸太を乗せ、そこに動物を並べていたら、「ツリーハウス」という言葉がボソリと。

「木」

木を並べた後にひとこと。「草がいる!(必要ということ)」グリーンのファスナーを葉に見立てて たくさんの木を作りました。

「マテリアルの音」

マテリアルを組み合わせて振ると音がすることに気づいたようです。 よりよい音と耐久性を求めて改良を重ねて完成。 近くにいた子も影響を受けたようで、みんなでいろいろなマテリアルの音を聴いて味わっていました。

「よるのいろ」

「この黒色が良い」「黒色かなぁ?描いてみる?」限りなく黒に近い紺を選ぶ。「よるのいろだった。よるを描くね」「よるを描いたから、次はこの色(黄色)で明かりをつける」

「ムチャクチャクチャクチャムカデ」

最初はなんてないラボのテーブルの青い紐に興味を持っていたので、つなぎ方をお伝え。 「輪っかになる」「足が生える」「目がある」など青い紐で形の変化が楽しい。 紐がなくなった、とのことで「他にも使えるものあるかも?」と誘ってみると、 チャックなど使ってさらに進化。特徴やこだわりもどんどん溢れてくる。 名前はムチャクチャムカデだったけど、「足りない!」とのことで「ムチャクチャクチャクチャムカデ」になりました。

「ブーツとてぶくろ」

「ブーツとてぶくろ。だって雪の上を歩くからね」